業務紹介 Business 業務紹介

  1. HOME
  2. 業務内容
  3. 健全経営をサポート


健全経営をサポート

上下水道事業の経営戦略

 公営企業は,飲料水・工業用水の提供や下水の処理,公共輸送の確保,医療の提供をはじめ,地域において住民の暮らしを支える重要な役割を担っています。これまでのところ,経営全体としては黒字基調で推移しているが,高度経済成長期以降に急速に整備された社会資本が大量に更新時期を迎えつつあり,人口減少に伴う収入減等も見込まれる等,取り巻く経営環境は厳しさを増しています。
 このため,総務省は,「経済財政運営と改革の基本方針 2014」(平成 26 年6月 24 日閣議決定)等を踏まえ,各公営企業が中長期的な経営の基本計画である「経営戦略」を策定し,同計画に基づき経営基盤の強化に取り組むこと等を要請しています。
 一方で,公営企業が適切な「経営戦略」を策定し,それを活用して経営基盤強化に取り組むためには,経営状況の的確な把握,投資の合理化についての具体的なあり方の検討等の課題も存在しており,各公営企業がより円滑に取り組むための支援が必要になっています。

業務実績

受注年度 発注者 業務内容
平成28年度 岩手県軽米町 軽米町水道事業経営戦略策定業務
平成28年度 青森県南部町 南部町公共下水道事業経営戦略策定業務

下水道ストックマネジメント計画策定

計画的な改築・維持管理/増大する下水道ストック

 下水道整備の進展にともない,管路施設の総延長は約47万㎞,処理場数についても約2,200箇所など,下水道施設のストックは全国で増大しました。
 管路施設の老朽化等に起因した道路陥没の発生件数は,平成27年度には,約3,300箇所(国土交通省調べ)にのぼります。
 日常生活や社会活動に重大な影響を及ぼす事故発生や機能停止を未然に防止するため,ライフサイクルコストの最小化,予算の最適化の観点も踏まえ,予防保全型管理を行うとともに,下水道施設全体を一体的に捉えた計画的・効率的な維持管理及び改築を推進する制度です。

【管路の年度別整備延長】


【処理場の年度別共用箇所数】


出展:国土交通省HP

処理場・ポンプ場施設の点検・調査及び改築・修繕

 ストックマネジメントに基づく予防保全型の施設管理を実現するため,明確かつ具体的な施設管理の目標を設定し,リスク検討に基づく点検・調査計画及び改築・修繕計画を策定します。また,これらの計画を実行し,実行し・評価・見直しを行うとともに,施設情報を蓄積し,ストックマネジメントの精度向上を図ります。

【ストックマネジメントの実施フロー】


出展:下水道事業のストックマネジメント実施に関するガイドライン

業務実績

受注年度 発注者 業務内容
平成25年度 (株)エステム 中津川市8地区汚水処理施設ストックマネジメント調査
平成28年度 福島県会津美里町 会津本郷浄化センターストックマネジメント基本計画策定業務委託
平成28年度 福岡県新宮町 新宮町下水道施設ストックマネジメント基本計画策定業務委託

PAGE TOP